flashback

投げたらすぐ釣れる釣りばかりやってます

カテゴリ: ヒラスズキ

酒はビール1本だけの健康的なBBQからGWが開幕!GWはキャッチボールしがち(笑)翌日は房総。朝から笑った(笑)ドゥン兄ハンパねー(笑)釣りの方はポッピングにミスバイトしたのが最大の見せ場に終わる...そして翌日は牡鹿半島で磯ロック。現地で二木ちゃんと合流。キャンプ ...

俺はもうダメなのか?解禁した中禅寺湖では何も掴めないまま3連敗をくらって膝から崩れ落ちる。単に場所なのか?もしくは技術的な事なのか?釣る人は釣ってるから俺に足りない何かがあるんだろう。そして人生初のギックリ腰で機動力はガタ落ち。ほんとキツかったし2度とやり ...

冬の状況から今年の房総ヒラスズキは当たり年になるのではないかと期待していたが、キンキンに冷えた水が入り思うように釣れなかった。今は上向いてるのかな?磯とタイミングが合わなければ宮城河川でサクラマス狙い。また変なのが釣れただけで終了・・・ランカーヒラスズキ ...

 2021年初冬。釣りキャンプという名目で横浜から出船。同行者はこの島に精通してる二木ちゃんと醍醐ちゃん。デジカメの充電が無くて釣りの写真は無し(笑)醍醐ちゃんがタマンを1キャッチして終了。早々に切り上げてBBQ開始。そこら辺に落ちてる松ぼっくりをかき集めて着火 ...

夜勤前に1ヶ所だけ・・・ヒラマサのつもりがサラシを見て予定変更。居るとこ投げればすぐ釣れる。やっぱこの釣りが1番性に合ってる。良い引きを見せてくれてフックも伸び伸び。目に入らなくて良かった(汗)嬉しい70up。リリースした後に1バラシとレギュラー2本釣って終了。 ...

南方遠征の予定が台風直撃によりキャンセル。今度こそ行けると思っていたのに・・・周りにも言われたが自分でも南方に縁が無いように思えてきた。そこで急遽伊豆諸島に予定変更。day1フェリーから降りて宿のお父さんと合流。早速車に荷物を詰め込んで、磯へ繰り出した。俺の ...

GWは伊豆諸島のとある離島へ行ってきた。今回はたくまも同行。メインターゲットはタマン。釣り友の刺激的な釣果を見て以来、興味アリアリでいつか釣ってみたかったターゲットだ。竹芝からフェリーに乗り込むが、波が高く現地の状況次第で引き返すかもしれない条件付きの出船 ...

 さて祝日。気持ちは当然中禅寺湖だったが生憎の雨予報。極寒の雨に打たれる修行の釣りか?いやぁ・・・どうせ濡れるなら磯の方がマシだなって事で房総を選択(笑)朝イチは満タンハイタイド。波の予報は南の1.5mで昼から爆荒れ。まずは手堅いポイントで心に余裕が出る1本を ...

良い魚をキャッチする事が出来たので久しぶりの投稿(笑)その前に秋シーズンからこれまでを軽くダイジェスト。10月〜12月の房総ヒラスズキは5戦5勝と聞こえは良いが・・・手堅い場所ばかりで芸がないとか思ったり(笑)年明けは二木氏と伊豆半島ヒラスズキ決戦。脳内ではラ ...

秋から大型のヒラマサを求めて泳いだり懸垂下降したり、釣る為の努力はしてるつもりなんだけど残念ながらトレーニングで終わる日々。少しは俺の相手しろよヒラマサ(笑)今年から導入した懸垂下降。この装備があれば何処でも安全に降りていける。そこそこハードかもしれない ...

離島はまだ行ける雰囲気じゃないので、まずはいわきで青物を狙う。本命不在で脇役を狙うとあっさりヒット。久しぶりにイナダ釣ったけどキッチリ狙えばこれはこれで面白い。雰囲気を感じなかったので房総半島へ移動する。前日の南西うねりが微妙に残る予報なので、正面から波 ...

まずは先週末。朝イチはいわきでヒラマサ狙い。爆時化による激流。想定外だったのは低水温。夏磯スタイルで泳いだら心臓止まるかと思った(笑)寒いし危ないわで1時間で撤退。近くの渓流へ移動。その道中に目的の渓流の下流域に目をやるとちょっと増水してるっぽいか?更に登 ...

那須方面は大雨予報。こりゃ渓流は無理っぽい。さて、どうしようか?いわき方面も気になるがここは久しぶりに房総半島へ行ってみた。3ヶ月振りだったけど釣れる気満々で先に30kgの氷を購入。ヒラスズキは基本的にオールリリースしているが今回は魚を欲しがる知人へのプレゼン ...

初めに言ってしまうが釣果も無く時間も大分経ってしまったが自分用の記録として残しておく。day1ふと思い立ち以前から興味のあった伊豆へ行ってきた。房総からアクアを渡り、首都高、東名、修繕寺と走り抜け伊豆半島に到着。事前に目を付けていたポイントはGoogleMapでは簡単 ...

単独で長崎の対馬へ行ってきた。まずは茨城空港から福岡空港へ。コロナウイルスの影響で機内はガラガラ。到着後、早速モツ鍋とビールを頂く。フェリー出船まで時間があるので中洲や天神をブラブラして時間を潰す。方言や全体的に緩い雰囲気が凄く良い。22時半のフェリーに乗 ...

波のある日に数回様子を見てみたがマルの反応が取れない。河川も調子が良く無いみたいだし全体的に魚が薄いのか?少し前の釣果だけどシンキングペンシルにてヒラスズキをキャッチ。雰囲気は良い感じに出てきてるんだけどねぇ。今年はダメなのか?Tackle DataRod : MCWorks : ...

仕事が終わりさっさと帰って準備すれば良いものの、菱の生え具合が気になり近所の沼へ。薄っすら育っていてくれてそろそろカバーゲームも楽しめそうだった。ついでに以前たまたま発見した激アツ水路に移動。夕まずめに入りカエルが鳴き出す頃、ナマズ達の活性も急上昇。ナマ ...

東南東7秒台の1.6m。個人的に波はあり過ぎるくらい。飛ばされても問題ない立ち位置からシモリを狙う。狙いのシモリを通り過ぎ、手前のスリットでバイトが出た。釣れちゃった感満載だけどこの日最大の60cm。小物ヒラ師の俺にはこれで満足サイズ。移動してレギュラー追加。移動 ...

長いGWが終わりました。大量に肉食って。久しぶりのキャッチボールが結構面白かった。30日から房総半島へ。大雨の濁りの影響か?バイトさえろくに取れないまま屈辱的な3連敗。4日目にしてやっとヒット。やっと掛かってくれて気合いが入り過ぎたのか?ランディングでロッド折 ...

釣りがある程度出来ると分かれば当然行っちゃうでしょうヒラスズキ(笑)ベタ凪予報なんだけどヤル気マンマン。ドライブして波の当たるエリアをチェック。予報通りのベタ凪で流れも弱く、ベイトも鳥も居なかった。サラシが出るタイミングまで時間を潰してから行動開始。1箇所 ...

2週間ぶりの房総半島。予報では絶望的なベタ凪数値だったが、現場に辿り着くと嬉しい方向に外れてくれた。ウネリでサラシが広がる個人的に好きなパターン。心に余裕が出る。朝イチは真冬に戻ったような気温だったので、濡れたくないしすぐトイレにも行きたくなるとの理由でウ ...

震災から8年。福島県の帰還困難区域に1ヶ月ほど行ってきた。完全にゴーストタウンと化した帰還困難区域に最初は圧倒されました。人が住めなくなったことで野生動物が増えたみたい。初めて見たホンドキツネ。人に結構懐いてる感じで可愛かった。猪は何処にでも居て、家屋のガ ...

朝イチはお腹の不調も重なってウェットを着ることなくお手軽磯へ。波高0.8m予報ながら長期周波の影響で良いウネリが入っていた。風もほとんど無くて非常にやり易い。波の整うタイミングでキャストが決まれば早速食ってくれたが抜き上げどころでモタついてバラし。移動。数カ ...

夜勤明け。春を感じさせるタイドに期待して行ってきました。現場に辿り着くと南岸低気圧の影響か?0.6mのベタ凪予報とは違い波の当たるエリアには程よいウネリが入っていた。平日なのとみぞれ混じりの雨という事もあって何処も貸切のパラダイス。目ぼしいポイントをどんどん ...

明けましておめでとう御座います。今年も宜しくお願い致します。さて、年末から毎年恒例の房総磯合宿に行って来ました。合宿に向けて最後の忘年会も烏龍茶(笑)相変わらず面白い親方でした(笑)元旦まで凪が続く予報だったので、普段やらないヒラメや磯マルやアジやカマス ...

day1夜勤明け。房総到着時刻が予定より大幅に遅れて17時。ヒラスズキは諦めて久しぶりにアジを狙った。個人的に数少ない実績がある漁港。フグの猛攻に遭いながらファーストヒットはヒラセイゴ。続けて本命。さらにもう一本。久しぶりに鯵が釣れてくれたのでこの釣果でもかな ...

予報では風向き北北東12mの波高4秒台0.5m。とりあえずどっちも狙える磯に行ってみた。すると磯上でトンビが旋回中。ベイトが打ち上がった?急いで近づくと・・・タイドプールに良型のメジナが5匹も居る。周囲にサザエが散乱していた。なるほど。外道だから捨てていったのね。 ...

day1朝イチのヒラマサは雰囲気無く終了。予報より高い波で目的のお立ち台に立てなかった。雰囲気の無い青物は早々に諦めて、ヒラ狙いに変更。スリットを泳いで渡っていると、プカプカと目立つケースが流れてきた。なんだこれ?開けてみると車の鍵とスマホが入っていた。流さ ...

磐城と房総で揺れる。どちらも時化予報。当然行きたいのは磐城だが、お目当てのお立ち台に立てる可能性は低そうなのでとりあえず南下してみた。海から離れていても轟音が聞こえてくる。予報通りの波高2.4mの9秒台。途切れることの無い殺人セットだ。つーか出来んのこれ?(笑 ...

台風の通過が日本海側に逸れたお陰でギリギリ立てそうな波高予報。なんとかやれるか??とりあえず現場に向かってみるとやはり強烈なウネリと爆風だったので、完全に明るくなってから安全で風を背負える立ち位置を選択した。水色はやや濁り気味。久しぶりのヒラスズキと爆風 ...

↑このページのトップヘ